忍者ブログ
童話作家・九十九耕一のブログ
[63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

c34e8e33.jpeg「鯛のタイ」をご存じでしょうか?
 鯛の胸びれの奥にある、鯛の形をした骨です。左の写真が「鯛のタイ」。
 肩胛骨と烏口骨(うこうこつ)の組み合わせです。烏口骨は人間にはない骨ですが、肩胛骨も含まれているので、だいたい鯛の肩あたりにある骨ですね。

 この「鯛のタイ」ですが、べつに鯛特有の骨ではありません。いろんな魚にあります。と言うか、ほぼ全部の魚にある骨です。形は魚によってさまざまですが。









RIMG0367.jpg いろんな魚の「鯛のタイ」を写真に撮って作った豆本がこちら。『豆本 鯛のタイ』です。
 豆本がちゃぽん用に作りました。















46684f16.jpeg
 ここで問題。
 この「鯛のタイ」は、なんの魚のものでしょうか? 真鯛ではありません。
 もっと言うと、鯛の仲間ではありません。

 ちょっと勢いのありそうな魚です。

「魚なのに……」という特徴があります。


 さあ、正解は……






f8a77f45.jpeg
 トビウオでしたー!
 そういうわけで、今夜はトビウオのお刺身で一杯やります。















bfb6cb55.jpeg
 こちらは、コーヒーを淹れているところではありません。
 トビウオのアラで、ダシを取っているところ。ペーパーフィルターで濾しているのは、小骨やウロコといった、余分なものを取るためと、油を取るためです。












7b887f13.jpegd84f67d5.jpeg














  左が濾す前で、右が濾した後。濾す前は、油が、けっこうギラギラしていますね。
 濾すと、味が上品になるような気がします。
 このダシ汁は、だし巻き卵に使ってもいいし、みそ汁を作ってもおいしいです。
 さあ、お酒の準備をして、いただきま~す!


拍手[0回]

PR

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ストーリーゲート
私も執筆しています。
コルクンの本棚
プロフィール
HN:
九十九耕一
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/10/10
職業:
童話作家
自己紹介:
童話を書くかたわら、「つくも堂まめ本舗」として豆本も作っています。
創作のこと、豆本のこと、コルク人形「コルクン族」のことなどを、こちらに書いていこうと思っています。
ブログタイトルは「どんぐりも背くらべ」。ことわざ「どんぐりの背比べ」は、なんだかあまりいい意味ではありませんが、「の」を「も」に変えたら、すごく活発で、チャレンジ精神にあふれた感じになりました。どんぐりは、元気なほうがいいですよね。
メールフォーム
最新CM
[10/21 九十九]
[10/21 虹乃]
[03/12 九十九]
[03/12 九十九]
[03/12 履歴書の封筒]
ブログ内検索
P R
バーコード
カウンター
最新TB
アクセス解析