忍者ブログ
童話作家・九十九耕一のブログ
[67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 本日「ストーリーゲート」で、『ピノッキオ 第2話 青い髪の精霊』が無料公開。文章は私が担当しています。
『ピノッキオ』は、意外と長いお話なので、3話に分けることになりました。それでも、カットした場面はいくつもあります。

 第1話は、ピノッキオの誕生から始まります。
学校へ行こうとするものの、途中で教科書を売って人形劇のチケット買ってしまいました。ピノッキオを見つけた人形劇の人形たちは大騒ぎ。劇はメチャクチャに。怒った人形使いは、ピノッキオを燃やしてしまおうとします。しかし、ピノッキオの、ジェッペットじいさんへの想いを聞き、胸を打たれて、金貨を5枚持たせました。
 喜んで家に帰ろうとするピノッキオを、キツネとネコが呼び止めました。「とある原っぱに金貨を埋めると、木が生えて、金貨が実る」と、儲け話を持ちかけます。金貨をたくさん持って帰ったほうが、ジェッペットじいさんが喜ぶと思ったピノッキオは、キツネとネコについて行きました。
 ところが、森の中で、変装したキツネとネコに襲われます。とっさに口の中に金貨を隠すピノッキオ。
「金貨を渡さないなら、木に吊してやる。お前が死んだら、後でゆっくり金貨をいただこう」
 ピノッキオはしばられ、木に吊され……。

 というところまでが、第1話です。
『ピノッキオ』はもともと、子ども新聞みたいなものに連載されたお話だそうです。作者のコッローディは、ピノッキオが吊されて、死んでしまうところでお話を終わらせるつもりでした。ところが「終わらせないで!」という子どもたちの声が大きく、続きを書くことになったそうです。

 ナレーションは、女優の小川範子さん。絵は、ほんまきよこさんです。
 ストーリーゲートから「ピノッキオのリライトを」というお話をいただき、「絵は、どなたがいいですか?」と聞いてくださったとき、真っ先に思い浮かべたのが、ほんまさんでした。
 ほんまさんの絵を最初に見たときから「いつかいっしょに仕事がしたい」と思っていましたが、『ピノッキオ』でその願いがかないました。
 ステキな作品に仕上がっていますので、よろしかったらご覧ください。

https://www.so-net.ne.jp/storygate/

拍手[1回]

PR

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ストーリーゲート
私も執筆しています。
コルクンの本棚
プロフィール
HN:
九十九耕一
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/10/10
職業:
童話作家
自己紹介:
童話を書くかたわら、「つくも堂まめ本舗」として豆本も作っています。
創作のこと、豆本のこと、コルク人形「コルクン族」のことなどを、こちらに書いていこうと思っています。
ブログタイトルは「どんぐりも背くらべ」。ことわざ「どんぐりの背比べ」は、なんだかあまりいい意味ではありませんが、「の」を「も」に変えたら、すごく活発で、チャレンジ精神にあふれた感じになりました。どんぐりは、元気なほうがいいですよね。
メールフォーム
最新CM
[10/21 九十九]
[10/21 虹乃]
[03/12 九十九]
[03/12 九十九]
[03/12 履歴書の封筒]
ブログ内検索
P R
バーコード
カウンター
最新TB
アクセス解析