忍者ブログ
童話作家・九十九耕一のブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

yuri01.jpg 先日、西武球場近くのゆり園に行きました。ここのチラシ(パンフレット?)は「ゆり図鑑」を作るのに最適です。
と、言うわけで、今回は「チラシ豆本 ゆり図鑑編です。
使う材料は、このチラシ2枚。

それでは、スタート!












yuri02.jpg
このチラシでは、ゆりが「すかしゆり」と「ハイブリッド」に分かれています。図鑑にしたときも、流れをふたつに分けた方がいいかと思います。
今回は図鑑前半を「すかしゆり」、後半を「ハイブリッド」にしてみます。

まずはチラシを、2種類の境目で切り離します。
切り離すときの注意点ですが、「すかしゆり」の右側余白は、0.5mmくらいになるように切ります。すると「ハイブリット」の左側ほう方が広い余白になりますが、ここは後で、のりしろとして使います。

チラシ左上の「すかしゆり」の説明部分を切り取ります。幅は説明文のバックのオレンジ色に合わせて。









yuri03.jpg ゆりの写真を帯状に切り取ります。
まず、写真下の、ゆりの名前ギリギリのところを切ります。この位置から幅30mmできると、写真の上に少し余白ができる状態で切ることができます。







同じ要領で下の列も切っていきます。30mm幅で切ると、細い切りくずが出ることになります。
切りくずの幅はほんの0.3~0.4mmほどですが、これをちゃんと切り落とした方が、きれいに仕上がります。









yuri04.jpg「すかしゆり」の説明文を、下の切り口を基準に63mmのところでカット。

後で「ハイブリッド」の方も同じようなことをするのですが、いっぺんに全部切ると、作業中にパーツがなくなってしまう可能性もあるので、私は半分ずつ組み立てていくことにしました。

パーツを切り分けたら、先に蛇腹に折る作業をします。貼り合わせてから折ってもいいのですが、長~くしてしまうとやりにくいので、折ってから貼り合わせることにしました。
蛇腹折りするときの、各ページの幅は31.5mmです。





yuri05.jpg 折るときの注意点をひとつ。
このチラシは、入手前から三つ折りされた状態。
ゆりの写真は、ちゃんと見られるように、折り目がかぶらない配置になっていますが、この折り目を豆本作りにそのまま使ってしまうと、ズレが生じて、小口がガタガタになってしまいます。なので、左のように、折り目を少しずらします。
修正前の折り目は、写真左ギリギリです。
これを1mm弱、ずらして、左にすこし余白ができるようにします。

















yuri06.jpg こちらが蛇腹折りにした状態。
写真は1列5枚。つまり1列は5ページ分です。
オレンジ色の説明文は、谷折りで半分に折ってください。これを基準に考えて、各パーツ、山折り谷折りしてください。1列が奇数ページ分なので、山折り谷折りの順番は1列ごとに逆になります。



















yuri07.jpg 最初の2列だけ、左側を少し切り落とします。
この部分は、本来はのりしろとして使いたいのですが、最初の裁断の都合上、この2列はのりしろが取れません。
切る位置は、折り目から31.5mm。
 ほんのわずかですが、残しておくと、後で貼りつけたときに邪魔になってしまいます。

この作業が終わったら、各パーツを貼り合わせ、つなげていきます。
のりしろがない最初の2列は、左の写真のように裏側から適当な紙を貼りつけてつなげましょう。チラシの切れ端を使ってもいいのですが、ちょっと薄めの方がいいかもしれません。













yuri08.jpg 全部つなげたら、今度は「ハイブリッド」の方を。
基本的には同じ作業です。ただ、こちらは最初の3パーツを除き、1列4ページです。山折り谷折りが、どのパーツも同じ順序になりますので、ご注意を。

もうひとつ、やっかいなことが。
それはのりしろです。



















yuri09.jpg 裁断の都合上、のりしろが、最初の2パーツは右側に。その次のパーツはのりしろなし。最後のパーツはのりしろ左。変則的です。
「すかしゆり」でやったように、裏から当て紙をして、うまくつないでください。

あ、左の写真、山折り谷折りが間違ってますが、惑わされないでくださいね(汗)。









yuri10.jpg 全部折貼りつけたら、「すかしゆり」と「ハイブリッド」も合体!
背にボンドを塗り、適当な紙を貼りつけます。背に貼りつける紙も、やや薄めがいいでしょう。大きさは幅25mm、高さ28mmくらい。高さが本体より少し小さければ、あとはテキトーでいいです。














yuri11.jpg 今回は厚みがあるので、「クータ」をつけることにしました。
クータは、背の内側につける部品。本体と表紙をつなぐ部品です。これをつけると、背が丈夫になるし、本が開きやすくなります。
高さ28mm、幅16mmの薄めの紙を用意し、左のように折り目をつけます。


重なる部分を接着。
できあがった筒状のパーツが、クータです。
クータは、本体の背に接着してください。















yuri12.jpg 今度は表紙を作っていきます。表紙はオリジナルの物を作ってもいいかと思いますが、今回はチラシで作っていきます。

チラシをもう1枚使います。
ゆりの花の模様部分を切り取ります。「ところざわの」の文字と、「ゆり園」の文字が入らない、ギリギリのところを切りましょう。17.5mmくらいの幅になると思います。
次に、下の方のゆりの群生写真の部分を切り取ります。どのあたりを切り取るかは、ご自由に。ただ。上部にはのりしろも含まれるので、そのことを計算に入れて。のりしろは3~4mmくらいあればいいかと思います。このパーツの幅は、のりしろも含めて20mm弱でしょうか。

切り取ったパーツを貼り合わせます。ゆりの模様が上になるように重ねます。幅が33mmになるようにしましょう。
ゆりの模様の間を折って、背の部分を作ります。ゆり模様の間を折ると、だいたい7mmの幅になります。
表紙、裏表紙は、35mm幅で。







yuri13.jpg 両端を折り、接着します。
表紙、裏表紙は補強したいので、チラシの適当な部分(ただし「2011年『ゆり園』フォトコンテスト」の文字だけは、残しておくこと。後でつかいます)を切り取り、背表紙までのすき間に貼り付けてください。
左の写真のような形になります。中央の幅7mmの部分だけ、チラシを重ねていません。両側は、折り返したり、貼り込んだりで2重になっています。










yuri14.jpg「2011年『ゆり園』フォトコンテスト」の「ゆり園」の部分だけ切り取ります。「ゆり園」の上にある小さな文字「ところざわの」も残しておきます。

これを表紙に貼りつけ、タイトルとします。
タイトルを貼る場所は、ご自由にどうぞ。

貼るだけでもいいのですが、事前(表紙に使うパーツを切り取ったとき)に、これをはめ込む部分を切り抜いておくと、表面が平らになるので、いいかと思います。














yuri15.jpg 表紙と本体を合体させれば、「ゆり図鑑」の完成!
今回は1冊にまとめましたが、「すかしゆり編」「ハイブリッド編」の2冊に分けてもいいかと思います。

数えてみたら、50種類のゆりが載っているので、ホントにちょっとした図鑑気分!
これを持ってゆり園に行ったら、小さな注目を浴びるのではないでしょうか?















yuri16.jpg ちなみにクータは、完成後、こんなふうです。

































拍手[4回]

PR
28eb8756.jpeg『ベルサイユのばら』の記念切手が発売になったので、チラシ豆本を作ってみようと思います。
じつは『ベルばら』はけっこう好きで、宝塚の舞台を観に行ったこともあります。何組の公演かは忘れましたが、「マリー・アントワネット編」でした。席があまり良くなく、バスティーユ陥落の際の白旗が見えなかったのは残念でした。
それはさておき。

郵便局でいただいてきたチラシを2枚使います。






7c656333.jpeg まずは表の、切手の部分を切り取ります。左側は白い部分をのりしろに使うので、残しておきます。
切手部分を切るときは、縁の穴を目印にして。この黒いポチポチのまん中を切るようにします。

大きく切り抜いたら、これを場面ごとに切り分けます。
切手は2枚続きで一場面となっているので、中央部分は切らずにおきます。見開きページにして作っていきます。
切り分けると、縦19mm、横37mmくらいになります。

さて、これだけでも、貼り合わせて蛇腹に折れば、「ベルばら画集」ができるのですが、それだとあまりにもカンタンで、物足りない感じがします。
そこで今回は、パソコンを使って、ちょっと手を加えることにしました。











a3316428.jpeg 我が家のパソコンには「フォトショップ・エレメンツ」が入っています。このソフトを使って、手を加えてみました。
まずはチラシの裏面をスキャン。
完成する豆本の、1ページの大きさは15mm×19mmになります。ですので、同じ大きさの枠を作り、各キャラクターの顔の部分にかぶせます。
この枠の中に、原作にあるセリフを書き込んだのですが、これが大仕事!
本棚の奥から『ベルサイユのばら』(文庫版全5巻)を引っ張り出し、絵に合ったセリフを探さなくてはなりません。この切手は、池田理代子さんの書き下ろしなので、まったく同じ場面はありませんが、なんとなく、それっぽい場面を探します。
見つけたセリフは、そのままだと長すぎたりしたので、少しいじりました。
縦書きで、フォントの大きさは4ポイント。読めなくては意味がないので、4ポイントくらいがギリギリかと思います。
5acb6e79.jpeg
 チラシ裏面には、各絵に番号がふってあるので、その番号に合わせて、私が書き込んだセリフをご紹介。
1.「王妃という地位につけさせるために 神はわたしを生まれさせたもうたのですか」
2.「この方は生まれながらの女王…… なんという誇り高い人だ…」
3.「あの夏の日のめくるめきのなかに おまえがいた」
4.「おぼえているか あの春のたまゆらに おまえがいた」
5.「アントワネットさま…… はじめてお姿を見たときから おしたいしておりました……」
6.「アントワネットはいまこそ ほとばしるように生きております…」
7.「美しい人なのです だが……」
8.「フェルゼンの唇が……わたしを語った これで あきらめられ…る…!!」
9.「オスカルさま… なぜ女なんかにお生まれになったの……」
10.「わたしののぞみは もっとずっと高い… そのためには たとえどんなことだってするわ!」




セリフをはめ込んだら、スキャンした絵は消してしまいます。この状態でプリンタにチラシをセットし、印字すれば、絵に枠とセリフがプリントされることになります。
 ただし、プリンタによって印刷方向などは違うので、一度白紙の紙にプリントし、使用するプリンタの特徴をつかみましょう。白紙の紙にプリントされたものを、チラシ裏面と重ね、透かしてみて、位置のズレを補正もしましょう。



87b09678.jpeg プリントできたら、枠に合わせて切り抜いていきます。のりしろを残したいので、左側は4mmくらい、枠からはみ出すように切ります。

















f133072d.jpeg これまで切り抜いた絵を、ページ順に並べてみます。
今回私は、セリフを縦書きにしたので、右綴じの本ができあがります。そのことを意識して並べましょう。
できあがりのイメージは、まずチラシ表の、カラーの絵が見開きで開かれます。ページをめくると、裏面の同じ場面のモノクロページ。キャラクターの顔がクローズアップされているし、セリフも書き込まれているので、物語が浮かび上がってきます。
重要なのは並べ順。チラシの番号通りに並べると、ちょっとストーリー仕立てにならないと思います。
なので私は、左の順に並べました。
オスカルとアントワネットの出逢い→アントワネットとフェルゼンの恋→フェルゼンに寄せるオスカルの想い→ロザリーとジャンヌ→オスカルとアンドレ

 まったく順番を変え、セリフも自分で創作し、新しいストーリーを展開するのもおもしろいかと思います。








549c58a7.jpeg 切り離されているパーツをつなげていきます。
最終的には1本の帯状にするのですが、長いと作業しづらいので、三つくらいに分けて接着し、それから1本にまとめてはいかがでしょうか?
 1本にしたら、左端ののりしろは必要ないので切り落とします。
7414834a.jpeg










a27a005e.jpeg ボンドが乾いたら、蛇腹に折ります。カラーページ、モノクロページが、それぞれ見開きになるように。
左の写真、蛇腹折りの下に四角い紙があります。これは雑誌などから切り抜いた、薄めの紙。本体の背の補強のために貼ることにしました。本体より小さめに切ります。15mm×10mmくらい。
本体の背にボンドを塗ったら、この薄紙にもボンドを塗り、背に貼りつけます。
ここまでできたら、重しを乗せて、ボンドが乾くのを待ちましょう。







9fe0677a.jpeg その間に表紙を作ります。
チラシの表、切手部分を切り抜いた部分の隣に描かれた、オスカルとアントワネットの絵を使います。
オスカルはギリギリ頭頂部が入るくらい、アントワネットは花の髪飾りのところで切ります。
切り込みを入れたところを基準に、21mmの幅で絵を切り取ります。
オスカルは表紙、アントワネットは裏表紙として使います。もちろん、好みで入れ替えてもけっこうですが、今回はオスカルの表紙で作業を進めます。
オスカルの絵は、左から、折り返し、表紙、背表紙、のりしろ、といったパーツが合わさったもの、とお考えください。このパーツの長さは、折り返し・10mm+表紙・16mm+背表紙・4mm+のりしろ・5mm、という状態です。
アントワネットは、裏表紙・16mm+折り返し10mm。
これを貼り合わせ、折り返し部分の裏側にもボンドを塗り、折って接着します。








33d05219.jpeg できあがった表紙と本体を接着したら、「ベルばら」切手のチラシ豆本の完成!
けっこうちっちゃいです。

ちょっと説明がわからない部分もあるかもしれません。
以前ご紹介した「チラシ豆本『ピーター・ラビット』編もご参考になさってください。
http://tsukumodo.blog.shinobi.jp/Entry/64/













1ac1b4ec.jpeg これさえあれば、気分はいつでもフランス革命!
シトワイヤン! いざ、バスティーユへ!
















拍手[3回]

d9886ac5.jpeg 郵便局に『ピーター・ラビット』の記念切手のチラシがありました。50円切手と、80円切手の2種のシートが3月3日に発売になったようです。
今回は50円切手シートで豆本を作っていきます。チラシは2枚、使います。












89d84f00.jpeg ちなみに80円切手のほうは、絵がまっすぐに並んでいないし、シートと切手の絵が一体になっている部分もあるので、ちょっと豆本にしにくいです。














1.チラシ中央を切り取る
c0437e2f.jpeg まず「ピーターラビットと仲間たち」と書いてある部分の下を切ります。絵を切ってしまわないように注意してください。
後は、中央の黄色い部分を切り抜きます。水色の部分も後で使うので、切り目はなるべくはみ出さないようにしてください。


















2.本体用の絵を切る
2d33347c.jpeg 豆本本体に使う絵の部分を、左のように帯状に切り分けます。
高さは26mmにするとちょうどいいでしょう。















3.折る
d627eb63.jpeg 帯状に切り取った絵を、蛇腹に折ります。山折り、谷折りは左のように。
絵を中央に据えて、幅23mmで折りましょう。














f00b6618.jpeg 残りの絵も、同じように蛇腹に折り、左のように切ります。
切る位置ですが、左側は、折り目のやや内側を。右側は折り目から5mmの幅を取って。














4.白黒の絵を切り抜く
ed5f3a05.jpeg チラシ裏面の、白黒の絵を切り抜きます。
私は左下のピーターラビットと、右上の「あひるのジマイマ」を切り抜きました。好みで選んでくださってけっこうです。ただし、まだ切り抜いていない、2枚目のチラシから選ぶときは要注意。先に切り抜いてしまうと、後から表紙を作れなくなってしまうことがあります。
切り抜く大きさは、縦26mm、横23mmです。

















5.パーツを並べる
e92bb82b.jpeg 切り抜いたパーツを並べてみましょう。順番はこのように。
足りないパーツがないか、よく確認してくださいね。














6.パーツを貼り合わせる
5194af57.jpeg 各パーツを貼り合わせ、1本の帯状にします。
このときに、山折り、谷折りが逆になっているパーツがあったら、直してください。
折り目はきつめに、しっかりと。













7.背をのり付けする
8636d80c.jpeg 蛇腹に折った背の部分にボンドを塗り、プレスしてくっつけます。
「背」というより、内側にボンドが入り込むくらいに塗ってしまってかまいません。ここで言う「内側」は、あくまで裏面のこと。表面にボンドが付くと、汚れたり、最悪開かなくなったりしますので、ご注意を。




これで本体はできあがり。
これから表紙を作っていきます。
今回は、チラシのみを使った豆本作りですので、表紙もチラシで作ります。ですが、工夫して、別の材料で作ってもいいと思います。









8.表紙用の絵を切り抜く
37b69cb6.jpeg 2枚目のチラシ中央の、ピーターラビットを切り抜きます。
ピーターを中心に、幅35mm、高さ28mmで。



端から5mmの幅を取り、折り目をつけます(両側とも)。
左側は、さらに、端から3mmの幅を取り、折り目をつけます。














9.裏表紙用のパーツを切り抜く
e154a56c.jpeg
 水色部分のピーターラビットの、顔の部分を切り抜きます。
耳は先まで入るように、ヒゲも先まで入るようにして、高さ28mmで切り抜きます。左側は赤い部分が入らないように、ギリギリのところで切り落としてください。



右端から25mmのところで折り目をつけます。














10.折り返し用パーツの切り抜き
5b25fb4b.jpeg
 水色の部分ならどこでもいいでです。
28mm×22mmのパーツを切り抜いてください。










11.表紙パーツの貼り合わせ
7d29590c.jpeg 表紙用のパーツを、左のように貼り合わせます。
10で切り抜いたパーツは、8のパーツの右側に貼ります。



両端の裏面にボンドを塗り、折りこんで接着します。
これで表紙はできあがりです。
















12.本体と表紙のドッキング
0aae8a22.jpeg 本体の背にボンドを塗り、表紙内側中央にくっつけます。
このとき、本体と表紙が、上下逆さまにならないように確認してください。
表紙は本体より、少し大きめに作ってありますから、本体の背をくっつけるときには、上下に少しゆとりがあるようにします。



本体の外側にボンドを塗り、表紙をかぶせて、くっつけます。
反対側も同様に。











13.完成!
39c5e603.jpeg 重し(厚めの本など)を乗せて、1~2時間置きましょう。
ボンドが乾けば、ピーターラビット・チラシ豆本の完成です!















c073e099.jpeg 私はチラシの残った部分と、厚紙を使って、箱も作ってみました。

アレンジしたりして、かわいい豆本を作ってくださいねー。










拍手[8回]



Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ストーリーゲート
私も執筆しています。
コルクンの本棚
プロフィール
HN:
九十九耕一
年齢:
47
性別:
男性
誕生日:
1970/10/10
職業:
童話作家
自己紹介:
童話を書くかたわら、「つくも堂まめ本舗」として豆本も作っています。
創作のこと、豆本のこと、コルク人形「コルクン族」のことなどを、こちらに書いていこうと思っています。
ブログタイトルは「どんぐりも背くらべ」。ことわざ「どんぐりの背比べ」は、なんだかあまりいい意味ではありませんが、「の」を「も」に変えたら、すごく活発で、チャレンジ精神にあふれた感じになりました。どんぐりは、元気なほうがいいですよね。
メールフォーム
最新CM
[10/21 九十九]
[10/21 虹乃]
[03/12 九十九]
[03/12 九十九]
[03/12 履歴書の封筒]
ブログ内検索
P R
バーコード
カウンター
最新TB
アクセス解析