忍者ブログ
童話作家・九十九耕一のブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 岐阜県加子母在住の友人が「つながる命福島」という企画に参加しています。
 福島には、放射能汚染に不安を感じつつも、その場を離れることができない人もたくさんいます。そんな方々を加子母に招待して、少しでもリフレッシュしてもらおう、という企画です。
 サポーターを募集しているそうなので、お手伝いして下さる方、支援して下さる方、どうぞよろしくお願いいたします。私も、できることをやろうと思っています。
 詳しくは下記をお読みください。




サポーター募集詳細↓(よかったら周りの人に回して下さい。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「福島の母子、加子母(かしも)でリフレッシュ!!」~サポーター募集

 3月11日以降放射能汚染に不安を感じながら暮らしている母子・妊婦さんに、「岐阜県の山村『加子母(かしも)』で滞在して、心と身体をリフレッシュしてもらおう!」というアクションを起こします。つきましては皆さんのサポートをぜひお願い致します。
 福島の方は、今私達があたりまえに生活していることが、できず、心にいろんな思いを抱えています。たくさんの方々に助けて頂く事で、輝く命があります。送迎の交通費(約40万円)、約1週間の滞在費(約30万円)など、多額の資金が必要です。支援金や物資、食材などのサポートをお願い致します。どうぞ皆様の愛と行動をお待ちしています!!!

○サポーター募集
● 食事を作って下さる方(福島の方も一緒に作ってもらいます)
● お母さんの話し相手になってくださる方
●子どもと一緒に遊んでくれる方
●看護師免許を持っている方
●イベントを行ってくださる方
●必要なお金や物資・食材などを支援して頂ける方
●支援金や物資などを集めるよう、動いて下さる方
●事前準備の話し合いに参加して頂ける方などなど

○ 支援金振込先
・益田信用組合加子母支店 普通 0513475 つながる命 福島
・ゆうちょ銀行(店名)二四八(ニヨンハチ)普通 0663772 キムラヒトエ
・郵便振替 記号 12480  番号 6637721 キムラヒトエ

○主催団体/つながる命福島
● 日程:10月4日(火)~11日(火)(7泊8日)
● 福島から招待する母子:約20名
●宿泊先:岐阜県中津川市加子母 ふれあいのやかたかしも(相部屋あり)
●代表:木村仁枝(ひとえ) 電話 090-9897-2500
  Eメール olivehitoe@softbank.ne.jp
●事務局:(もりのいえ 森本)090-6203-9043  Eメール masa@mori-no-ie.com 
 FAX 0573-79-3268
●ブログ:「つながる命 福島」 http://tsunagaruinochifuku.blog.fc2.com/

拍手[0回]

PR
 自宅から駅に向かう途中のお宅の庭先に、石彫りの猿(?)がいます。なにかのキャラクターでしょうか?  あるときは手前にどんぐりを並べていたり、あるときは椅子の檻をかぶせられたりしていたことがあるのですが、先日、頭にかぼちゃを乗せてました。収穫したのでしょうか?  ときどきこうした変化があるので、ちょっと楽しみにしています。

拍手[3回]

 先日「ヒースランド」vol.24のグラビアページの撮影のため、葉山に行って来ました。この日は快晴で、三連休のまっただ中。まさに海日和のため、逗子駅から海岸に向かうバスは超満員!



          

 グラビアページは、毎回、立原えりか先生が書く「精霊異聞」というコーナーとセットになっています。今号のこのコーナーのテーマはスパイス。
と言うわけで、撮影はタイ料理研究家の山本佐和子さんのスタジオで行われました。カメラマンは、毎回グラビアページの写真を担当している宮司さん。
えりか先生も働きます。撮影で使う布にアイロンがけ中。
私の仕事は、レフ板を持ったり、邪魔な物をどけたり、緊張している佐和子さんを笑わせたりと、いろいろあるのですが、メインの仕事は、撮影後のタイ料理を食べること。まさにおいしい仕事です(笑)。


 

 今回、撮影のために作った料理はガイヤーン(焼き鳥)とソムタム・タイ(若いパパイヤのサラダ)。
鶏ももには下味がしっかりついていて、オーブンで皮はパリパリに焼かれていて、そのまま食べてもおいしいです。でも、これにナムチムワーンというソースをつけて食べると、思わず「うまっ!」と言ってしまいます。
パパイヤのサラダも辛みが効いていて、生キャベツと交互に食べると、止まりません。
いやー、楽しい取材でした。


 仕事の後は、ちょっと海辺を散歩。泳ぎはしませんでしたが、足を海に浸せて、気持ちよかったです。
「ヒースランド」vol.24は、10月末か、11月頭あたりに発行となると思います。

拍手[2回]

RIMG0094.JPG 暑いので、温かいみそ汁はあんまり飲みたくないです。とは言え、汁物は欲しい。
 そんなわけで、冷たい汁を作りました。
 めんつゆを使うのですが、さらに風味を増すために、鰹節でダシも取ります。
 まだ熱いダシの中に薄くスライスしたナスを入れ、めんつゆも入れます。めんつゆの分量は、かけそばの汁よりグッと薄味になるように。粗熱を取ったら、冷蔵庫で冷やします。
 冷えたら、スライスして塩もみしたキュウリを投入。器によそい、とろろを入れ、千切りにしたシソと、すりゴマトッピングして完成。

 食欲なくても、これならいけます。
 その日の気分で、めかぶとか、納豆とか足してもいいかも。

 

拍手[1回]

b1070122.jpeg 手芸屋さんをのぞいたら、いろいろな箱が200円均一で売られていました。
 その中には、こんな3段引き出しも!
RIMG0047.jpg














 もちろん、どの段も開けることができます。
 豆本のディスプレイに! と思ったのですが、ちゃんと使うかなー……?
 衝動買いなもんで。

拍手[0回]



Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ストーリーゲート
私も執筆しています。
コルクンの本棚
プロフィール
HN:
九十九耕一
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/10/10
職業:
童話作家
自己紹介:
童話を書くかたわら、「つくも堂まめ本舗」として豆本も作っています。
創作のこと、豆本のこと、コルク人形「コルクン族」のことなどを、こちらに書いていこうと思っています。
ブログタイトルは「どんぐりも背くらべ」。ことわざ「どんぐりの背比べ」は、なんだかあまりいい意味ではありませんが、「の」を「も」に変えたら、すごく活発で、チャレンジ精神にあふれた感じになりました。どんぐりは、元気なほうがいいですよね。
メールフォーム
最新CM
[10/21 九十九]
[10/21 虹乃]
[03/12 九十九]
[03/12 九十九]
[03/12 履歴書の封筒]
ブログ内検索
P R
バーコード
カウンター
最新TB
アクセス解析