忍者ブログ
童話作家・九十九耕一のブログ
[56] [55] [54] [53] [50] [49] [48] [46] [45] [44] [43]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

hina4.jpg

 昨日、母の付き添いで病院に行きました。母の外出と言うとご近所ばかり。なので付きに一度の通院の日は「お散歩の日」とし、私がいろんなところへ連れ出すことにしています。
 今回はどこへ行くか決めてませんでしたが、電車の中吊り広告に「第6回雛飾りお宝展in飯能」とあるのを見つけました。飯能ならそう遠くないし、行ってみることに。

 商店街との共同企画のようです。ピンクの旗を吊したお店には雛飾りがあり、見学することができます。
 この企画に参加しているお店は百数十軒! いろんな雛飾りが展示されています。古い物・新しい物あれば、お店の特徴を活かしたお雛様も。











hina1.jpg 例えばこちら。
 墓石などを扱っているお店では、大きな石のお内裏様とお雛様。
 石屋さんならではですねー。














hina2.jpg こちらはパン屋さん。パンで作った吊し雛が飾られています。
 ちょっと、パン食い競争っぽいですね(笑)。

 お店によって、雛飾りはさまざま。どどーんと立派な8段飾り、10段飾りもあります。
 一方で、「ん? 雛飾りはどこでしょうか?」と尋ねたくなってしまうようなお店も。よく見たらレジ脇に小さな雛人形があったりして。
 でも、そんなのも一興。















hina3.jpg スタンプラリーも開催していました。
 このお祭りに参加しているお店には、手塚治虫のマンガキャラのスタンプが置かれています。スタンプ台を全部埋めると、クリアファイルがもらえるそうなので、張り切って集めました。
 ……が、景品を交換できるのは26日と、翌月6日の2日のみ。
 クリアファイルをもらうためにまた飯能に行くのは……。
 というわけで、私のスタンプラリーは開始20分で終了(苦笑)。






「店蔵絹甚(みせぐらきぬじん)」というところでは、立派な雛飾りが見られるので、飯能に行ったら見ておいてソンはないです。

hina5.jpg あとは、おそばを食べて帰りました。
 母はけんちんそば、私は天ぷらそば。
 エビの天ぷらは、シッポも食べます。残す人もいますが、私はシッポ好き。カリカリして、おいしいですよ~。

「雛飾りお宝展」の詳細はこちら。

http://www.city.hanno.saitama.jp/syoukoukankou/kankou/hinakazari.html


















拍手[0回]

PR

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ストーリーゲート
私も執筆しています。
コルクンの本棚
プロフィール
HN:
九十九耕一
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/10/10
職業:
童話作家
自己紹介:
童話を書くかたわら、「つくも堂まめ本舗」として豆本も作っています。
創作のこと、豆本のこと、コルク人形「コルクン族」のことなどを、こちらに書いていこうと思っています。
ブログタイトルは「どんぐりも背くらべ」。ことわざ「どんぐりの背比べ」は、なんだかあまりいい意味ではありませんが、「の」を「も」に変えたら、すごく活発で、チャレンジ精神にあふれた感じになりました。どんぐりは、元気なほうがいいですよね。
メールフォーム
最新CM
[10/21 九十九]
[10/21 虹乃]
[03/12 九十九]
[03/12 九十九]
[03/12 履歴書の封筒]
ブログ内検索
P R
バーコード
カウンター
最新TB
アクセス解析