忍者ブログ
童話作家・九十九耕一のブログ
[42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


RIMG0260.JPG 今年はブリが安いそうなので、ブリ大根を作ってみました。
 あ~、正確に言うと「イナダ大根」です。ブリよりも安く売られていたので。
 大根だけでなく、車麩と、余っていた白菜も入れちゃいました。煮汁を吸った車麩が、またおいしいです。
 冬はブリ大根(イナダ大根?)ですよね~。











RIMG0257.JPG 相方がパンを焼きましたが、こちらは明日食べます。
 明日はシチューにしようかな。














拍手[1回]

PR

Rg
無題
九十九さんは料理が出来るんですか?
すごいですね。
僕は料理出来ないので羨ましいです。
余談ですが、一本の大根でも、葉に近い方は辛みが弱く、真ん中は甘みが強く、先端は辛く水分も多くなっています。
 大根は別名「すずしろ」といい、春の七草のひとつになっています。冬の代表的な根菜で、根の部分と葉の部分、それぞれに違った成分が含まれています。
大根という言葉が付く名詞をよく聞きますよね。よく下手な役者のことを、だいこん役者と言いますが、これ、どうしてだか知っていますか?
 まず、大根と言えば消化によく、お腹にやさしい食べ物ですよね。
そのため、古くなっても、貝なんかのように「あたって」お腹をこわす
ことはありません。
 これすなわち、役者の演技が下手では、舞台や人気が「あたらない」。
これにかけて、だいこん役者というようになったとか。
太い脚のことを、大根足と言いますよね。
でもこれ、昔は大根みたいに白い脚、ということで、なんとま逆の
褒め言葉だったそうなんです。
さらには古事記にも、女性の腕を白く美しいと、大根に見立てた歌まであるそうです。

y2011/01/27 07:51z NAME[YUKI] WEBLINK[] EDIT[]
無題
料理は好きですよ。
「大根役者」については、知っていました。ちなみに名優のことは「ふぐ役者」と……言いませんね(笑)。
y2011/01/27 08:11z NAME[九十九] WEBLINK[] EDIT[]


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ストーリーゲート
私も執筆しています。
コルクンの本棚
プロフィール
HN:
九十九耕一
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/10/10
職業:
童話作家
自己紹介:
童話を書くかたわら、「つくも堂まめ本舗」として豆本も作っています。
創作のこと、豆本のこと、コルク人形「コルクン族」のことなどを、こちらに書いていこうと思っています。
ブログタイトルは「どんぐりも背くらべ」。ことわざ「どんぐりの背比べ」は、なんだかあまりいい意味ではありませんが、「の」を「も」に変えたら、すごく活発で、チャレンジ精神にあふれた感じになりました。どんぐりは、元気なほうがいいですよね。
メールフォーム
最新CM
[10/21 九十九]
[10/21 虹乃]
[03/12 九十九]
[03/12 九十九]
[03/12 履歴書の封筒]
ブログ内検索
P R
バーコード
カウンター
最新TB
アクセス解析