忍者ブログ
童話作家・九十九耕一のブログ
[38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「カテゴリー」の中に「コルクン族」という項目がありますが、コルクン族について、なにも書いていませんでした。すみません。
 コルクン族は、ワインやシャンパンなどのコルク栓から生まれた種族です。お菓子と歌とお祭りが好きな、陽気な種族。

RIMG0208-1.jpg


 数年前のある日、おやつにしようとビスケットと紅茶を用意。
 ほんのちょっと台所に行って、戻ってきてみると……。


















RIMG0209.jpg
この小さな種族が先に食べていました。
 びっくりしましたが、とくに大きな害はなく(ときどき、取っておいたお菓子を食べられてしまいますが)、彼らも私を怖がらないので、友だちになりました。
 まだまだ謎の多い種族で、うち以外でも暮らしている仲間がいるらしく、その数は増えたり減ったりしています。
 とくに言葉はしゃべりませんが(仲間同士には聞こえる言葉があるようですが、人間の耳には聞こえません)、ゼスチャーや表情で、だいたい伝えたいことはわかります。
 私に対してよく伝えてくるメッセージは「おかわり」。








RIMG0020.jpg
 このブログを立ち上げたときは、こんな立て看板を持ってもらいました。

 コルクン族はだいたい、こんな姿なのですが、中にはちょっと変わった子もいます。


 













RIMG0214.jpg ときどき見かけるこの子は、ちょっと意地悪な面があります。仲間にいきなりキックをしたり、お茶の中に突き落とそうとしたりします。
 けれど、ドジでもあるようで、キックをしては足をくじくし、突き落とし失敗でたびたび紅茶に浮かんでいます。コルクン族は水に浮くので、紅茶に落ちてもとくに被害はないみたいです。














RIMG0211.jpg 独特の笛の音が聞こえてきたときは、この子が遊びに来ています。蛇使いのコルクン。笛の音で、「コルクンヘビ」を踊らせることができます。
 コルクンヘビは噛みつくこともありますが(私も数回、噛まれました)、毒は無く、痛くもありません。撫でてやると離してくれます。


















RIMG0215.jpg 変わったところでは、この「コル天狗」。ときどき姿を現します。
 持っているうちわをひと扇ぎすると、突風が巻き起こり、コルクンたちを吹き飛ばします。コルクンは飛ばされて喜んでいるようですが、私は、豆本を作っているときなどは、非常に迷惑です。

















 先ほどのコルクンヘビのように、コルクン族には「動物」もいます。

RIMG0210.jpg よく見かけるのが「コルクン象」。コルクンたちを背中に乗せて、のっしのっしと歩いています。
 意外と短気で、怒ると怖いらしいです。




















RIMG0212.jpg こちらは「コルクン水牛」。いつも荷車を牽いています。お菓子などを運ぶ係のようです。






















RIMG0213.jpg ごくたまにしか見かけない「コルクンラクダ」。
 コルクンたちのゼスチャーをまとめると、長旅をするときに役立ってくれるとか。
 コルクン族の長旅って、どんななんでしょうね?


















DSC_4011.jpg
 コルクン族、たまに紹介していこうと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。


















 

拍手[3回]

PR

Rg
初めまして。YUKIと申します。
初めまして。YUKIと申します。
YUKIと言っても、女性ではありません。男性です。
本名は永井と申します。住まいは千葉です。
私は、未熟者ながら童話を書き続けて15年間、童話作家の夢を捨てきれない41歳の男です。
九十九さんの事は、『トゲなしサボテン』を読んで知りました。
九十九さんは、暖かいお話ばかりなので大好きです。
九十九さんがもしよろしければ、お見知りおきをと思いまして、メールした次第でございます。
よろしくお願い致します。

y2011/01/21 18:11z NAME[YUKI] WEBLINK[] EDIT[]
よろしくお願いします
YUKIさん、初めまして。
コメント、ありがとうございます。
同年代ですね!
童話、お互いに書き続けていきましょう!
これからも、よろしくお願いします。
y2011/01/21 20:58z NAME[九十九] WEBLINK[] EDIT[]
こちらこそよろしくお願い致します。
こちらこそよろしくお願い致します。
同年代ですから、童話以外でもいろいろな話をしたいですね。
僕は15年間、童話や児童文学を書いてきました。お恥ずかしい話ですが、数々の公募にも出してきましたが、入賞歴は未だにありません。ずっと何処にも通わず、独学で勉強していました。何処の同人誌にも入っていません。
ジャンルは、幼児童話、おとぎ話童話、生活童話、SF童話、反戦童話、いろいろ書いています。
最近、独学では限界があるかもしれないと思いまして、ユーキャンの『立原えりかさんの童話塾』を始めました。初心に返ったつもりで始めています。
まだまだ未熟者な上、九十九さんにいろいろ相談するかもしれませんが、その節はよろしくお願い致します。

永井幸彦
y2011/01/21 22:13z NAME[YUKI] WEBLINK[] EDIT[]
童話塾
私も「立原えりかの童話塾」出身です。
以前は小説を書いていたのですが、この講座で「童話」という、自分のスタイルを見つけることができました。
童話塾、楽しんでくださいね!
y2011/01/21 22:37z NAME[九十九] WEBLINK[] EDIT[]


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ストーリーゲート
私も執筆しています。
コルクンの本棚
プロフィール
HN:
九十九耕一
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/10/10
職業:
童話作家
自己紹介:
童話を書くかたわら、「つくも堂まめ本舗」として豆本も作っています。
創作のこと、豆本のこと、コルク人形「コルクン族」のことなどを、こちらに書いていこうと思っています。
ブログタイトルは「どんぐりも背くらべ」。ことわざ「どんぐりの背比べ」は、なんだかあまりいい意味ではありませんが、「の」を「も」に変えたら、すごく活発で、チャレンジ精神にあふれた感じになりました。どんぐりは、元気なほうがいいですよね。
メールフォーム
最新CM
[10/21 九十九]
[10/21 虹乃]
[03/12 九十九]
[03/12 九十九]
[03/12 履歴書の封筒]
ブログ内検索
P R
バーコード
カウンター
最新TB
アクセス解析