忍者ブログ
童話作家・九十九耕一のブログ
[43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


suzume1.jpg「もっとも身近な野鳥」と言ったら、住んでいる地域によっても違うんでしょうね。私にとってはスズメ。
 実家が製麺工場を営んでいるのですが、表に散らばってしまった麺の切れ端をついばむ姿を、よく見ていました。ときどき工場の中に入ってきてしまい、出すのに大騒ぎしたものです。

 最近は人間側の住宅事情が変わり、住むところが少なくなってしまったとか。
 スズメはもともと、人間の近くで暮らす鳥だそうです。瓦屋根のすき間などに巣を作って。でも、瓦葺きの家が少なくなって、巣を作るすき間を見つけられないのだとか。




suzume2.jpg このスズメたちは、植え込みの中に寝床があるみたいです。






















suzume3.jpg ちなみにここは、池袋・西武デパートの屋上。高いところにも住んでいるんですね~。一番最初にここに住み始めたスズメは、どういう経緯でたどり着いたんでしょうか?










suzume4.jpg 屋上には売店もあるし、お弁当を食べにくる人もいます。こぼしたものなんかをせっせと拾っているので、食べるものには困らないようです。










suzume5.jpg こちらは、私の家に来たスズメ。いや「一緒に住んでいるスズメ」と言ったほうがいいかな?
 目の前には大家さんの畑があって、雑草の種など、食べ物も豊富。私もときどき、パンくずとか、肉まんの紙にくっついちゃった部分をこそいであげています。
 我
が家のどこに住んでいるのかと言うと……
















suzume6.jpgsuzume7.jpg
























 こんなところ!
 寝室の窓を開けた、すぐ下。雨戸の戸袋の中にも巣があります。

suzume8.jpg いやー、スズメの住宅事情も、なかなかキビシーようです。
















拍手[2回]

PR

Rg
無題
最近は、スズメをあまり見かけなくなったような気がします。数が減っているのでしょうか…。
そのかわり、カラスをよく見かけます。カラスも生きるのに必死なようで、住宅街やゴミ置場に出没しては荒らしています。悪気はないのでしょうが…。
y2011/01/27 07:59z NAME[YUKI] WEBLINK[] EDIT[]
無題
やはり、住むところが少なくなっているんでしょうね。うちの近所では、まだまだよく見かけますが。
y2011/01/27 08:08z NAME[九十九] WEBLINK[] EDIT[]


RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ストーリーゲート
私も執筆しています。
コルクンの本棚
プロフィール
HN:
九十九耕一
年齢:
47
性別:
男性
誕生日:
1970/10/10
職業:
童話作家
自己紹介:
童話を書くかたわら、「つくも堂まめ本舗」として豆本も作っています。
創作のこと、豆本のこと、コルク人形「コルクン族」のことなどを、こちらに書いていこうと思っています。
ブログタイトルは「どんぐりも背くらべ」。ことわざ「どんぐりの背比べ」は、なんだかあまりいい意味ではありませんが、「の」を「も」に変えたら、すごく活発で、チャレンジ精神にあふれた感じになりました。どんぐりは、元気なほうがいいですよね。
メールフォーム
最新CM
[10/21 九十九]
[10/21 虹乃]
[03/12 九十九]
[03/12 九十九]
[03/12 履歴書の封筒]
ブログ内検索
P R
バーコード
カウンター
最新TB
アクセス解析