忍者ブログ
童話作家・九十九耕一のブログ
[105] [104] [103] [102] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3e2948df.jpeg 八王子市夢美術館で開催中のこの展示を、見てきました。
 ムットーニさんの作品は、まさに「からくりシアター」です。「仕掛けが動く」ということだけでなく、そこに音楽と、光と影という演出が加わり、ストーリーが紡ぎ出されています。作品のひとつひとつが、まさに「劇場」なのです!
 それが今回、動く作品だけでも19作品も見られるという、なんとも贅沢な展示。入館料500円とは、交通費を計算に入れても、ものすごくお得です。















a3374608.jpeg 展示の仕方も、とても考えられていました。
 左の図をご覧ください。こちらは入り口でもらえる展示案内。
 ブロックごとに、統一感のある作品がまとめられています。
 それは、ごく普通の展示方法ですが、裏面を見ると、工夫されていることがわかります。










5eb1f8d0.jpeg 動く作品の、タイムスケジュールが載っています。
 どれも音楽と一体となった作品なので、全部が一度に動くと、音がまざって、なんだかわからなくなってしまいます。そこで、各部屋、動く作品はひとつずつ。
 ひとつの作品の動きが止まると、その隣の作品が動き出すので、それを追って行くと、自然と会場をひと巡りできるようになっているのです。

 それに、1番目の部屋が混み合っていたら、別の部屋から見始めればいいわけで、「前の人が邪魔で見えない~!」なんて問題も解消されています。
 やっぱり、ムットーニさんの作品は、じっくり見たいですからね~。











3.jpg 会場内は撮影禁止。
 なので、お土産で買ったポストカードで、チラッと作品をご紹介。
『アローン ランデヴー』は、宇宙のときめきを感じます。正面、もしくはやや左よりから見るのがオススメ。

『ギフト フロム ダディ』
 思わず「おおっ!」と声をあげてしまいます。たまげます。

6.jpg















5.jpg『ウィング エレメント』は、五つの作品が一体となって作り上げる世界。
 私は写真中央の『エッジ オブ リング』が一番好きです。














4.jpg 村上春樹さんの短編『眠り』を題材に作られた作品。ムットーニさん本人の朗読が流れ、動き出します。
 少々単調とも思われる動きではありますが、物語が3分の2ほどまでさしかかると、思わず「あれっ!?」と言ってしまいます。
 にくい演出です。














2.jpg1.jpg















 ムットーニ作品と言えば、キャバレーではないでしょうか?
 それはそれは、きらびやかで、美しいステージです。
 見終わったら、思わず拍手をしてしまいそう。

 ご興味のある方は、ぜひ行ってみてください。
 八王子市夢美術館はこちら。
http://www.yumebi.com/

拍手[1回]

PR

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ストーリーゲート
私も執筆しています。
コルクンの本棚
プロフィール
HN:
九十九耕一
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/10/10
職業:
童話作家
自己紹介:
童話を書くかたわら、「つくも堂まめ本舗」として豆本も作っています。
創作のこと、豆本のこと、コルク人形「コルクン族」のことなどを、こちらに書いていこうと思っています。
ブログタイトルは「どんぐりも背くらべ」。ことわざ「どんぐりの背比べ」は、なんだかあまりいい意味ではありませんが、「の」を「も」に変えたら、すごく活発で、チャレンジ精神にあふれた感じになりました。どんぐりは、元気なほうがいいですよね。
メールフォーム
最新CM
[10/21 九十九]
[10/21 虹乃]
[03/12 九十九]
[03/12 九十九]
[03/12 履歴書の封筒]
ブログ内検索
P R
バーコード
カウンター
最新TB
アクセス解析