忍者ブログ
童話作家・九十九耕一のブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 7日、8日と、岐阜県中津川市の加子母に行ってきました。「つながる命 福島」という企画があって、それにちょこっと参加してきたのです。
 原発事故以来、放射能に不安を抱えつつも福島で暮らしている母子を、一週間加子母に招き、リフレッシュしてもらおうという企画。友人の画家・本間希代子さんがスタッフであることからこの企画を知り、私は豆本ワークショップで参加することにしました。

481a8d4d.jpeg お昼過ぎに着いたので、まずは腹ごしらえ。加子母の「道の駅」で昼食。
 看板には、本間さんの絵が。看板だけでなく、道の駅には本間さんの絵がそこかしこに描かれています。商品のラベル、加子母の案内板、子どもが店内でできる塗り絵などなど。かわいいでしょー。








 
8191e07e.jpeg 私は「加子母三昧」を注文。朴葉寿司がふたつ、煮豆やかぼちゃの煮付などの細々した料理が6品、稲庭うどん、トマトジュース、おしんこ、わらび餅で850円。これは「安い!」と言っていいんじゃないでしょうか?
 朴葉寿司は具が2種類になっていて、どっちも、思わずにっこりしてしまう味わい。

 食後にはトマトソフトクリームも食べた。トマトの味がさっぱりしていて、ぺろりと食べてしまえます。













a72e1339.jpeg さて、道の駅と、川をはさんで向かいにあるのが「ふれあいのやかた」という建物で、今回の企画の拠点となっているところであります。
 裏には小川も流れていて、とてもいいところでした。


















1b22b87e.jpeg 中には板張りの広間もあって、子どもたちが元気いっぱいに走り回っていました。スタッフのみなさんもばっちり遊んであげているので、どの子も本当にのびのびしています。お母さん方も、ここでならリフレッシュできるでしょう。










d5acae65.jpeg 夕方4時から、いよいよ豆本作りスタート! 福島の母子だけでなく、地元の子どもたち、スタッフさんも参加してくれました。今回はボランティアなので、もちろん、参加費無料。

 小学校に上がる前の子もけっこういましたし、いっぺんに参加者がどどどっと来たので「さばききれるのか?」と不安になりましたが、スタッフさんのサポートが入ったので、なんとか乗り切ることができました。
 作業を進めるスピードにばらつきがあるので、進行が難しいです。早い人に合わせたらついてこられない人が出てしまうし、遅い人に合わせると退屈してしまう人が出ます。ある程度待って、見切り進行という形になりましたが、遅れた子のサポートをスタッフの方々がしてくれたので、本当に助かりました。おかげさまで、けっこう喜んでもらえました。

 初めて豆本を見る人も多かったです。豆本に興味を持ってもらえたようで、よかったなー。
 

拍手[1回]

PR
 私の実家は製麺工場。ラーメンの麺を作っています。
 現在、ホームページを作成中で、ネット販売も始めるつもりでいます。
 その宣伝も兼ねて「工場見学豆本」を作ってみました。ネットでラーメンを注文してくれたお客さんに、オマケとして添えるつもりです。

RIMG0088.JPG

















RIMG0089.JPG ラーメンの麺が作られる工程を写真に撮り、ホームページのキャラクターであるフジメン・ケンくんが解説する形です。
 まん中をホッチキスで留める簡単な作りの本なのですが、友人の画家・本間希代子さんに描いてもらったキャラクターのおかげで、かわいい本になったと思います。
 もらった人が、喜んでくれるといいなー。










 私の実家・富士麺研のホームページはまだ準備中ですが、アドレスはこちら。
http://www.muteppo.net/

 本間さんのホームページはこちらです。
http://tebako.jp/Welcome.html

拍手[1回]

 土曜・日曜と開催された世田谷アートフリマ、無事閉幕いたしました。ご来場くださったみなさん、ありがとうございます。気になったけど行けなかったというみなさん、次回はぜひ!

 豆本ワークショップは、概ね好評だったようで、ホッとしています。
 前回に比べると参加者は少なかったのですが、前回よりも小学生の参加者は増えました。
3dcf3569.jpeg みんな、初めての豆本作りに、真剣な表情で挑戦してくれました。中には小学校1年生なのに、大人顔負けの仕上がりだった子もいて、驚きました。豆本作家として、スカウトしたいです。

 前回のワークショップでは『とんでったシール』という豆本を作りましたが、今回はそれに『コルクンのどんぐりもせいくらべ』も加わりました。2種類のうち、どちらを作るかを参加者に選んでもらう方式です。
 2:3くらいの割合で『どんぐりもせいくらべ』を選ぶ方が多かったです。ですが、中には「前回『とんでったシールを作ったから、今回は『どんぐりもせいくらべ』を」という方もいました。「全種類集めたいの」と、嬉しいお言葉。とうことは、次回も新作を用意しなくちゃいけませんね!

 また、渋谷の展示会での豆本がちゃぽんで『コルクンとおかしのいえ』を当てた方が来て「コルクンのファンです!」と言ってくれたのも嬉しかったです。今回の新作コルクン豆本に大喜びしてくれました。

 ワークショップに限らず、お客さんと直接会って、言葉を交わすのは、楽しいし、勉強になります。今回も、たぶんお客さん以上に、私のほうが収穫が多かったと思います。

拍手[0回]

 今日と明日、三軒茶屋・キャロットタワーで「世田谷アートフリマ」開催!
 私のワークショップコーナーでは、いつもは豆本の販売もしておりましたが、今回はありません。替わりと言うか、「折り豆本キット」を販売します。前回、何人かのお客さんから「家でも作りたい」とのご要望があったので。



「世田谷アートフリマ」は、11:00~18:00です。
 遊びに来てくださーい!

拍手[0回]

 今月24・25日、三軒茶屋・キャロットタワーで「世田谷アートフリマ」が開催されます。つくも堂まめ本舗も、豆本ワークショップで参加いたします。
 前回は『とんでったシール』というタイトルの、折り本形式の豆本を作りました。


 今回、これも作りますが、もうひとつ、新作をご用意しました。

『コルクンのどんぐりもせいくらべ』というタイトルの、写真絵本です。コルクン族が、どんぐりたちの背を測るお話です。

 参加費は300円となりますが、よかったら遊びにいらしてください。

拍手[0回]



Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ストーリーゲート
私も執筆しています。
コルクンの本棚
プロフィール
HN:
九十九耕一
年齢:
47
性別:
男性
誕生日:
1970/10/10
職業:
童話作家
自己紹介:
童話を書くかたわら、「つくも堂まめ本舗」として豆本も作っています。
創作のこと、豆本のこと、コルク人形「コルクン族」のことなどを、こちらに書いていこうと思っています。
ブログタイトルは「どんぐりも背くらべ」。ことわざ「どんぐりの背比べ」は、なんだかあまりいい意味ではありませんが、「の」を「も」に変えたら、すごく活発で、チャレンジ精神にあふれた感じになりました。どんぐりは、元気なほうがいいですよね。
メールフォーム
最新CM
[10/21 九十九]
[10/21 虹乃]
[03/12 九十九]
[03/12 九十九]
[03/12 履歴書の封筒]
ブログ内検索
P R
バーコード
カウンター
最新TB
アクセス解析