忍者ブログ
童話作家・九十九耕一のブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 えー、今ごろ、世田谷アートフリマの話題です(汗)。
 今回はお客さんの切れ間がなく、なかなか繁盛いたしました。両日とも、お昼抜き。 でも、次々に「参加したいんですけど」とか「豆本作りたいんですが」と声をかけてもらえるのは、とっても嬉しいです。
 今回は、子どもの参加者が多かったです。親子連れも多かったなー。

RIMG0571.JPG 親といっしょに作る、親もいっしょに作る、親が作りたいからつき合わされるなどなど、ひと口に「親子連れ」と言っても、いろいろあるわけです。
 今回最年少は4才の男の子。お母さん、お姉ちゃんといっしょに参加。やる気まんまんだったものの、最初のハサミ作業で「あ、絵のところ切っちゃった……」とつぶやくように言ったところで、スイッチオフ。すっかりしょげてしまいました。きれいにつくりたかったんだよね~。
 用紙を取り替えてあげて、切る作業は私がやってあげ、あとはお母さんに励まされながら、なんとか作り上げた。お母さんの応援、ものすごくがんばってました。
 かと思えば、ダメ出ししまくりのお母さんも。ページを折って行く作業で「ぼくが一番に折れた!」と言う息子に「早けりゃいいってもんじゃないでしょ」とダメ出し。「もっとキッチリ折りなさい!」「折るときに机の上でやらないから、曲がるんでしょ!」「ノリは隅まで塗る!」と、とくに後半はひたすらダメ出ししてました。息子は息子で「そんなに怒られると、やる気なくなっちゃうんだよな~」とか言ってましたが、まったくこたえたようすはなく、マイペースです。「柳に風」「のれんに腕押し」「糠に釘」などの諺が次から次に私の頭に浮かび、笑いをこらえるのがたいへんでした。この親子は、じつはなかなかにバランス取れているのだなー。

RIMG0572.JPG 幼稚園の年長さんという女の子で、とても器用な子がいました。折る作業でもそんなにズレはなく、きれいに仕上げていました。親は脇で見ていただけで、手伝いは無し。たいしたものです。

 二日間で50人ほどのお客さんが来てくれました。
 疲れたけど、楽しかったな~。










 
 

拍手[1回]

PR
 今月21・22日、三軒茶屋・キャロットタワーで催される「世田谷アートフリマvol.17」に参加します。
2a84fd0d.jpeg


















3cace7cc.jpeg 3階のワークショップコーナーで、豆本ワークショップをやります。小学校1年生から参加できるワークショップで、所要時間は、だいたい15分くらいです。参加費300円。
 両日とも、11:00~18:00です。ようすを見ながら、途中で休憩をいただきます。
 よかったら、遊びに来てください。
 詳しくはこちら。
http://artfleama.net/vol17/vol17ws/#extended

 お待ちしてまーす!














 

拍手[0回]

「ストーリーゲート」で公開している『居酒屋・柿の木』というお話があります。「ロクさん」というすずめが主人公のお話です。
 秋も終わりにさしかかると、柿の実は熟しきり、皮の内側はおいしい柿酒になり、小鳥たちの居酒屋となる--というストーリーです。ロクさんはこの居酒屋の古株で、若い鳥たちにイキな飲み方を教えたりしている、というお話。
 文章は私、絵はかちのちのらさん、ナレーションは落語家の五明樓玉の輔さんです。
 このお話をたいへん気に入ってくださった方がいて「絵本にはなっていないのですか?」という問い合わせがありました。残念なことに絵本にはなっていません。でも、私は豆本作家でもあるわけですから、私が作ればいいわけです。と、いうわけで、ヒーローガレージと、かちのちのらさんの了承を得て、豆本化することにしました。
 ……というのが1年前の話でして。忙しさを言い訳に、後回し後回しになってしまい、先ほど、ようやく完成しました。

6b27bc5b.jpeg559b8bfd.jpeg














 豆本用に、公開されているお話を短く編集しました。折り本形式の豆本です。
 今日、やっとお問い合わせくださった方にお送りすることができました。Mさん、長いことお待たせして、申し訳ございません!
 そのMさんですが、何回かメールのやりとりをしただけなのですが、消しゴムハンコを作ったり、刺繍をされたりする、かなり手先の器用な方のようなのです。下の写真は、Mさんが作られた「ロクさん」の刺繍入りバッグ。
7c2cd4da.jpeg かちのちのらさんの絵とそっくりな刺繍! バッグの裏地がすずめ柄というのも、ニクイ作りですね~。
 私が関わった作品を、こんなにも気に入っていただけて、嬉しいかぎりです。
 豆本のお届けがうーんと遅くなってしまい、本当にすみません!
 もうすぐ、お手許に届きますので。

 しかし、こんなに器用な方だと、豆本のデキに不満がないかと、ちょっとハラハラしております(汗)。





















拍手[3回]

「巣鴨桜並木整骨院」に、ときどき腰のメンテナンスをしに通っています。
 先日行ったところ、雑誌などが並べてあるラックに、つくも堂まめ本舗のコーナーができていました。120308_100840.jpg
 下の方に、ちっちゃく並んでいるのが、おわかりでしょうか? 患者さんの中には「あら、新作が入ったのね」なんて楽しんでいる方もいるそうです。うれしいなー。
 今度、並べやすいように、棚でも作って持っていこうかな。










 巣鴨に行ったついでに120308_102014.jpg、ちょっと話題になっているケーキ屋さんに行ってみました。ショートケーキが有名なのだそうですが……。
 私的には、もうひとつでした。小ぶりの苺が3個も乗っていて目をひくのですが、ケーキ自体は小さめです。お値段はちょっと高め。奥様向けに上品な感じを目指したのかな?
 でも、一度は食べてみたいと思っていたので、満足できました。
 巣鴨と言えば塩大福のイメージが強いので、今度は大福を買おうと思ってます。
 

拍手[0回]

 気づけば、もうひと月近くブログを書いていませんでした。忙しいと、ついついサボってしまいます。遊びに来てくださっているみなさん、ごめんなさい。

 4月21・22日、三軒茶屋のキャロットタワーで開催される「世田谷アートフリマ」で、いつものように豆本ワークショップをやります。小学校1年生から参加できる、簡単な折り豆本を作ります。
 新作がご用意できるかわかりませんが、なるべくがんばります。
 お時間のある方、ぜひいらしてください。
 詳しいことは、また改めてお知らせしま~す。

拍手[0回]



Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ストーリーゲート
私も執筆しています。
コルクンの本棚
プロフィール
HN:
九十九耕一
年齢:
47
性別:
男性
誕生日:
1970/10/10
職業:
童話作家
自己紹介:
童話を書くかたわら、「つくも堂まめ本舗」として豆本も作っています。
創作のこと、豆本のこと、コルク人形「コルクン族」のことなどを、こちらに書いていこうと思っています。
ブログタイトルは「どんぐりも背くらべ」。ことわざ「どんぐりの背比べ」は、なんだかあまりいい意味ではありませんが、「の」を「も」に変えたら、すごく活発で、チャレンジ精神にあふれた感じになりました。どんぐりは、元気なほうがいいですよね。
メールフォーム
最新CM
[10/21 九十九]
[10/21 虹乃]
[03/12 九十九]
[03/12 九十九]
[03/12 履歴書の封筒]
ブログ内検索
P R
バーコード
カウンター
最新TB
アクセス解析