忍者ブログ
童話作家・九十九耕一のブログ
[85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 母の付き添いで病院に行った帰り、ちひろ美術館へ行ってきました。
827afeff.jpeg ちひろ美術館の最寄り駅は、西武新宿線・上井草駅。ここは、アニメ『機動戦士ガンダム』の街でもあります。
 改札口を出ると、ガンダムの像が! 電車の発車メロディもガンダム。

 このガンダム像にも小銭をお供えしている方がいるようですが、なにかご利益があるのでしょうか?





9ab92f30.jpeg 商店街の閉められたシャッターにもガンダムが!










 さて、ちひろ美術館ですが、今、開催中の展示はこちら。
4f336e59.jpega76b77f1.jpeg























「窓ぎわのトットちゃん展」です。
 先日、『題名のない音楽会』の収録を観に行ったときに、黒柳徹子さんに握手をしてもらったこともあり、ぜひ行ってみたかった展示です。
f132cbe3.jpeg 会場には、「ピンクのセーターを着た少女」も展示されていました。この絵は、いわさきちひろさんの絵の中で、私が一番好きな絵かもしれません。
 少女の表情が、生意気そうでもあり、ちょっとはにかんでいるようでもあり、すごく惹かれるんですよねー。手にも表情があって、いろいろなことが伝わってくるような気がします。

 同時展示は「国際アンデルセン賞受賞画家展」。こちらも興味深いです。展示されているのは、
センダック、マーヴリナ、赤羽末吉、カーライ、パツォウスカー、エンヅィカート、インノチェンティなどなど。
 懐かしい感じと、新鮮な感じを味わいました。

 この展示は5月15日まで。
 ちひろ美術館はこちら。
http://www.chihiro.jp/tokyo/









RIMG0061.jpg ちょっと歩きまして。
 石神井公園は桜が終わり、いろんな花が咲き始めています。
 左はボート乗り場の藤棚。
 下はシャクナゲでしょうか。
RIMG0067.jpg















d61ad184.jpeg こちらは、アキグミだそうです。

 そして下は、アヤメの一種でしょうか?
814aeff8.jpeg

















96328e6b.jpeg チューリップ畑は、そろそろおしまいといった感じ。

 石神井公園は、1周すると1.75kmあるそうです。花を見ながら、のんびり散歩するには、ちょうどいいかもしれませんね。











25a83acc.jpeg ボートに乗っている人たちもいました。
 私が中学生の頃、「石神井池でボートに乗ったカップルは別れる」というジンクスが囁かれていました。まあ、ボートに乗れる場所なら、どこにでもついていそうな噂ですね。
「○○と△△も、ボートに乗って別れたって」などと、まことしやかに囁かれていました。
 でもねー、統計的に考えて、そりゃこのジンクスは、高い確率で当たっちゃうわけですよ。だって、中学生のカップルが、結婚までたどり着くことなんて、ごく希ですから。
 当時からそのことに気づいていた私は、そんなジンクス、まったく気にしませんでした。
 ……気にしませんでしたが、いっしょにボートに乗る相手がいなかったことは、まことに残念なことです。


RIMG0068.jpg はい、亀のドミノ式甲羅干し!














拍手[0回]

PR

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ストーリーゲート
私も執筆しています。
コルクンの本棚
プロフィール
HN:
九十九耕一
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1970/10/10
職業:
童話作家
自己紹介:
童話を書くかたわら、「つくも堂まめ本舗」として豆本も作っています。
創作のこと、豆本のこと、コルク人形「コルクン族」のことなどを、こちらに書いていこうと思っています。
ブログタイトルは「どんぐりも背くらべ」。ことわざ「どんぐりの背比べ」は、なんだかあまりいい意味ではありませんが、「の」を「も」に変えたら、すごく活発で、チャレンジ精神にあふれた感じになりました。どんぐりは、元気なほうがいいですよね。
メールフォーム
最新CM
[10/21 九十九]
[10/21 虹乃]
[03/12 九十九]
[03/12 九十九]
[03/12 履歴書の封筒]
ブログ内検索
P R
バーコード
カウンター
最新TB
アクセス解析